上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.25 本日空の手術
本日予定では13:00より空の手術です。
昨晩空を病院に預け、本日の手術に備えます。

土曜日に病院からTELがあり、「火曜日の手術」が伝えられました。
TELでおおよその内容は聞きましたが、面と向かって説明を聞きたかったので、日曜日に病院へ行き説明を聞きました。


手術は大学病院ではなく、今回行った病院でやること。
今回の腫瘍は今後の為に絶対に取った方がいい事。
手術による運動障害は、100%ないとは言えないが、場所的に確立は低いこと。
今回はやはり血小板減少症と腫瘍と全く別物の病気が併発しているが、血小板減少症を治すのを待っていられないという事。
血小板減少症のため、もちろん輸血の準備はしていること。

等、伝えられました。
そして
「五分五分なら手術はしません。9割またはそれ以上でなければやりません。」

と言われました。

手術がよかったのかどうか・・・。
あと手術が数時間後にせまっている今でも、この選択が正しかったのかどうか考えるばかりです。

私はとにかく手術したっきり、空と会えなくなってしまうのだけは避けたいのです。
とにかく帰ってきて欲しい。
それだけです。

日曜日に病院で説明を受けた後、私の厄払いに行って来ました。
ずっと去年が厄年なんだと思ってたら、実は今年が前厄だったようで。

0607250003.jpg


赤坂の日枝神社です。
しかも、日曜日は私の誕生日だった・・・。
誕生日に厄払い。
私ってば素敵過ぎる。

「とにかく空が無事で戻ってきますように」

空にもお守りを買ってきました。


空の病気が発覚した後、そして空の手術が決まった後、平静を装っているつもりでしたが体が言うことを聞かないようです。

眠れない。
涙が出る。
ご飯が食べれない。

そんな私の横で相方は、「おまえ、ホンマにマイナス思考やな~」と笑っています。
そんな相方が信じられないというか、「本当に空のこと、大事に思っているのか?」
と思った事もありました。

しかし。
多分、私以上に彼は空を大事にしていました。
空が小さい時から。
今では猫が相方を独占しているため、なかなか相方に寄っていけないのですが、猫達が来る前は私が呼んでも何しても相方から離れませんでした。

そして、私に対してマイナス思考と言っていた彼は私が洗い物をしているときに、私に聞こえないように静かに空にこう言ってました。

「空、頑張ってこいよ。空なら大丈夫や。元気になったら海に行こうな。そうや、大江戸温泉も行こな。」

本当は、私よりも彼の方が心配してたりして・・・。

0607250001-1.jpg



お散歩仲間で同じフラットの周の飼い主さん、あぶの飼い主さん、
「輸血が必要な時はいつでも電話して」

と言ってくださり、ありがとうございます。
何より心強い言葉でした。

色んな人、色んなワンコに思われ空は幸せ者です。
必ず元気になって戻ってきて。

必ず、パパとママの所に戻ってきて。

夜には面会できるとの事でしたので、夕方から病院に行ってこようと思います。
しかし何かあった場合は私の携帯に連絡がくるようになっています。
手術が終わるまで、私の電話が鳴りませんように。。。

人気Blogランキング参加中!ワンクリック更新の励みになります!
Secret

TrackBackURL
→http://tsuki.blog9.fc2.com/tb.php/188-0345af5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。