上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.04 アルカリ性尿
ご近所のシェパード、マックスが先日検査を受けてきたそうだ。そろそろシニアの年齢になった事もあり、エコー心電図や一般の検査もろもろを結構大きな病院でやってもらったらしい。

尿検査でアルカリPh値が高かったので、内臓に疾患があるかもしれないと言われマックス姉さんはかなり心配をされていた。
しかし・・・この姉さんの面白い所は、「アルカリPhがかなり高くって、普通の5倍だって・・・」ってすっごい心配して言ってるわりに、「ところでアルカリPhって何?」って私に聞いてきた。っていうかむしろ私が聞きたい。「・・・知らない」って答えておいたけど・・・あたしゃてっきり知ってて心配してるんだと思ってたよ。姉さん、さすがです。

moon0024.jpg
マックスの写真がこれしかない。使いまわしでゴメンナサイ。


でも気になるのでちょっとだけ調べてみた。

犬猫の正常なPh値は大体Ph5.5~7.0(酸性尿)、ウサギやハムスターなどはPh7~7.5(アルカリ性尿)らしい。

っていうことは・・・、マックスは普通の5倍って言ってたから~・・・・・

あ、あの~ えっらい数値になると思うんですけど・・・? 私の聞き違いかな?うん、そうだ、聞き違いだ。 聞き違いにしとく。

で、アルカリ性尿になるとだね、結石の原因になるみたい。 飲水量の減少によって尿量が少なくなると、尿の濃縮によって結石の形成が助長され膀胱内でアルカリを生産する細菌が増殖し、尿のPhが上昇、そんで結石ができるそうな。 (多分他にもアルカリ性尿による病気ってあるのかもしれないけど、今日はここまでしか調べてません。)

ふ~ん、色々犬猫の病気は調べたり聞いたりして知っていたつもりが、まだまだ知らない事がたくさんあるなぁ。
これも勉強ですな。
空や月や猫たちのために、まだまだ勉強せねば。

そうそう、マックス君、ガスも溜まっていると言われたらしいが、実は空はすっごい屁っこき犬でした。

ということで、次回のテーマは「屁っこき空たん」
102_0201.jpg
いや~ん・・・ってキミたち男子同士でしょ・・・

Secret

TrackBackURL
→http://tsuki.blog9.fc2.com/tb.php/17-1222029e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。