上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.26 空の定期検査
先週末、空の血液検査に行ってまいりました。

半年前、血小板減少症による鼻血と、前頭葉に出来た腫瘤の手術後の定期検査です。

0607270001.jpg
手術後の空さん



とりあえず、血液検査は血小板も白血球も赤血球もその他諸々、

問題なし。

手術で切開した頭んとこも

問題なし。

あとは、もう少ししたらCT検査で転移があるかどうかを調べます。

で、空が最近鼻水がやたらタラタラ垂れてるので、気になったから聞いてみました。

「鼻の中っていうのは、骨が何層にもなっているのですが、この手術をする場合、その鼻の中の層を一部取ってしまうんです。だから、普通はその層を通ってくるのであまりタラタラ垂れないのですが、空ちゃんの場合層を一部とっているので、ダイレクトに垂れてくるんですよ。だから問題ありませんよ♪」

あの~・・・そんな話、手術後の説明のとき聞きませんでしたけど・・・。

ま、別に問題ないならいいんだけどさ。
私も術後の後は先生を質問攻めにしてたしね。


で、ついでに気になってた「月のヒジ部分」も聞いてみました。

0611290002.jpg


結論としては

「タコの出来始め」

この部分に出来たカサブタや組織を取ってもらって、最近等の検査をしてもらいましたが、特に異常はなく、タコの出来はじめだから痒くてたまんないそうです。だから掻いてしまう。
これが、カチカチに硬くなれば痒がらないそうです。

「ワセリン塗ってあげてください。」

だそうなので、そうします。
何はともあれ何もなくてよかった。

と、血液検査と月のヒジ部分の話しかしませんでしたが、その他にもついでついでと、「月のレントゲン」やら、空の体に出来てる脂肪腫のことやら、色々見てもらいました。

で、今の所2匹とも、

「すこぶる元気」

良かった良かった。


そうそう、この時先生に空の腫瘤について
「とにかくあれだけ早く見つけるのは珍しい。あの腫瘤の場合、ほとんどが顔の骨が変形したりして気付くのだけど、その時はもう何も出来なかったりする。やっぱり早く見つけるのが一番ですね。。。」

と、おっしゃっていた。

少しでも「変だな」と思ったときは、すぐに病院に連れて行くようにしようと、改めて思う1日でありました。。。

人気Blogランキング参加中!ワンクリック更新の励みになります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。